DOUPA!ブログ

動画を配信する際に知っておきたいビットレートについて

基礎知識

ビットレートはコーデック、解像度、フレームレートと並んで動画データの画質、音質、容量を決める際の重要な要素の1つとなります。

ビットレート(bit rate)とは1秒間に送受信できるデータ量を表し、単位にはbps(Bit Per Second)やKbps(Kilo bit per second)、 Mbps(Mega bit per second))などが用いられます。

ビットレートの「ビット(bit)」はデジタルデータの最小単位のことですので、bpsは1秒間に何ビットを転送できるかを表します。

例えば1bpsは

1秒間に1ビットのデータを転送できることを表し、10Mbpsは1秒間に10メガビットのデータを転送できることを表します。

 

ちなみによく勘違いされている方が多いのですが、
「10Mbpsは、1秒間に10MBのデータを転送できる」
という内容は誤りです。

正しくは「8bit = 1byte」ですので、
「10Mbpsは、1秒間に1.25MB(10Mbit÷8)のデータを転送できる」
となります。

動画のビットレートの構成

動画のビットレートは映像ビットレートと音声ビットレートの2種類のビットレートで構成されます。各ビットレートの合算はオーバルビットレート(総ビットレート)と呼ばれます。

計算式で表すと

「オーバルビットレート = 映像ビットレート + 音声ビットレート」

 

となります。

例えば

  • 映像ビットレート:500kbps
  • 音声ビットレート:100kbps

の動画ファイルがあると仮定します。

この動画ファイルのオーバルビットレートは

オーバルビットレート

映像ビットレート(500kbps) + 音声ビットレート(100kbps) = 600kbps

 

となり、1秒間に600kbitの情報量を持つ動画ファイルであるということが分かります。

今回扱ったビットレートのポイントです。

  • 動画のビットレート(bit rate)とは動画が1秒間に持っているデータ量のこと
  • 動画のビットレートは映像ビットレートと音声ビットレートの2種類で構成
  • オーバルビットレート = 映像ビットレート + 音声ビットレート
  • ビット(bit)とバイト(byte)は混同しないように気をつけましょう

ビットレートは動画の画質、音質、容量を決める際の重要な要素の1つとなりますので基本的な知識をきちんと理解しましょう。

ドウパは動画配信サイト構築のためのトータルソリューションをご提供します

資料請求・お問い合わせはこちらから

お電話でのお問い合わせ(平日10:00~18:00)

03-4530-3348

大阪オフィス 06-6307-3720

ウェブからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

30日間無料お試し

お問い合わせ&30日間無料お試し

東京オフィス

〒108-0075
東京都港区港南2-16-2 太陽生命品川ビル28F
TEL:03-4530-3348

大阪オフィス

〒532-0011
大阪市淀川区西中島4-7-18 まるみやビル2F
TEL:06-6307-3720


©INFORM SYSTEM INC.

PAGE TOP